症状が出たらスグ服用

blister packs stacked

どんな病気の場合もそうですが、早めに治療を開始することでその分、早く完治させることができます。たとえば風邪などは、引きはじめにカラダを暖かくするとか、食事に気をつけるとか手洗いうがいを徹底するとか、注意しておくと本格的に寝込んでしまう前に治すことができます。同じように、クラミジアの場合も早めに治療薬のクラビットを飲んで、早めに治すことができるのです。
さて、風邪の場合は喉が痛いとか熱っぽいとか、引き始めを感知するすべがありますが、クラミジアの場合はどうでしょうか?
もちろん、同じく初期症状というものが存在します。クラミジアの初期症状は、主に「違和感」として現れます。クラミジアは性行為によって性器に感染し、男女ともに尿道の炎症が引き起こされるところからスタートします。炎症が引き起こされ、違和感が出始めるまではだいたい3~4日ほどかかり、1週間もすると炎症が本格化して痛みが出ることになります。
オシッコをしたとき、尿道に針金を突っ込まれたような痛みが走るとき、そしてその数日前に性行為をした覚えがあるとき、それは十中八九、クラミジアの症状が出たものと考えて間違いありません。そうなった場合はすぐにクラビットを入手し、服用していきましょう。

クラビットは、性病科や泌尿器科のクリニックで処方してもらうことができますが、ほかにもネット通販で購入するという方法があります。
ネット通販なら誰とも顔を合わせずに治療することができますし、安いジェネリック医薬品も選ぶことができます。
症状が出た!でも病院に行く時間はない、あるいは恥ずかしくてゼッタイ行けない!
そんなときは通販でクラビットを買い、早めの治療につとめましょう。