薬の用量をチェック

woman holding a vial medicine

クラビットを通販で買うという方法が便利なのは、お金のことを考えられることです。
「クラミジアはぜひ治したい。でもあんまりお金に余裕があるわけではない」そういう事情があるとき、交通費をかけて病院へ行き、初診代を支払い、薬を購入し……としていくと結構な出費になります。もちろん健康はお金に代えられませんが、やはりそのことが負担になってしまうので二の足を踏んでしまうという人もいるでしょう。そういうとき、通販が便利なのです。何しろ通販なら交通費は不要ですし診察代もいりません。薬代に加えて、必要なのは送料くらいのものです。
しかも、クラビットよりも安い、クラビットのジェネリック医薬品を選んで購入することができます。クラビットのジェネリック医薬品は、薬の名称こそクラビットではありませんが、同じくレボフロキサシンという有効成分を含んでいます。安い値段で、しっかりクラミジアを治すことができるのです。

ただし、ジェネリック医薬品で治療する場合にはレボフロキサシンの「内容量」に注意する必要があります。
ジェネリック医薬品の中には、内容量が違う「250mg」「500mg」「750mg」という3種類の薬が用意されているものがあります。250mgを選んで購入したときは1日に2錠、500mgなら1日1錠、750mgなら3日で2錠、というふうに飲み方も変わってきます。
自分が買った薬はどれなのか、どのようにして飲めばいいのか、しっかりチェックしましょう。